北大阪医療生活協同組合
人の暮らしと、地域に根ざした 生涯医療
  • 1. 組合員・地域住民の健康と生活を守るために
  • 2. すべてのひとに、よい医療を保障するために
  • 3. 文化的な生活ができる社会保障制度拡充のために
  • 4. 核も戦争もない平和で豊かな社会を実現するために
人間味あふれる真の医療の追求

地域の保険医療、福祉ひとすじに協同の輪をひろげて半世紀、北大阪医療生活協同組合は「四つの方針」を基本に常に、
患者さんの立場にたった人間味あふれる真の医療を追求。
1993年には社会福祉法人翠明社 特別養護老人ホーム「照葉の里」を設立。
公的高齢者福祉への貢献にも努めています。

理事長のご挨拶

理事長:河井 和彦

北大阪医療生活協同組合は、消費生活協同組合法に基づき四つの方針のもと1955年11月25日に成立いたしました。
事業所としては、1947年十三労働会館診療所開設後、発展した十三病院(療養病床108床)と1964年設立後増改築を進めてきた照葉の里箕面病院(療養病床199床)と1954年開設後、移設発展した本町診療所と1991年異種間生協の連携により開設した光風台診療所と社会的入院が叫ばれている中で、照葉の里箕面病院の空き地を無償提供し、1992年社会福祉法人翠明社を設立、特別養護老人ホーム照葉の里を開設し、現在に至っております。
団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、2014年6月に成立した「地域医療総合確保推進法」や10月スタートした病床機能報告制度、施設から在宅へ、地域包括ケアシステムの流れの中で、地域医療構想にどう対応していくかが問われています。
十三病院では全館の防災工事とスプリンクラー設置工事を行い、患者さまの安心・安全な療養環境改善に取り組んでまいりました。創立50周年を迎えた照葉の里箕面病院では、急性期病院の後方支援病院として在宅復帰率の向上をはかり、業務の効率化と患者情報の共有化を目指して、オーダリングシステムの導入を検討しております。また、本町診療所と光風台診療所では、施設から在宅への橋渡し役としての活躍が期待されています。併設の社会福祉法人翠明社との更なる連携を深め、地域の「安心」を保障する施設として、生活者の目線で、事業と運動を発展させ、協同の輪を拡げていく所存でございます。

北大阪医療生協加入状況
2016年11月末現在 ◆組合員数 14,009世帯
◆出資金 291,279,500円
北大阪医療生活協同組合 加入のすすめ